起きやすいトラブル

起きやすいトラブル

Category : 未分類

授乳時期には、乳房および乳頭にトラブルを抱えてしまう場合があります。このようなトラブルを抱える母親の方々は多く、悩まれる方がいらっしゃいます。母乳を必要とする赤ちゃんのためにもそれぞれの症状にあった対処法を把握しておきましょう。□うつ乳。うつ乳とは、「乳腺炎」になりかけの状態のことをいいます。母親の約3割の方々が経験するといわれています。これは、乳腺で作られた母乳が乳管に溜まり、詰まってしまい、しこりができ痛みを感じてしまいます。

対処法は、蓄積された母乳を出すことが重要となります。積極的に赤ちゃんに授乳してあげましょう。授乳が困難な場合は、無理せず搾乳を行いうことで解消されます。□乳腺炎。乳腺炎は、母乳が詰まってしまい、乳口から細菌が感染し炎症を起こしてしまっている状態です。症状として、倦怠感や頭痛、高熱を発症することがあります。対処法は、乳房を適度に冷やし、うつ乳同様に母乳を無理なく出し、身体の安静を保つことが重要です。□乳頭亀裂や裂傷。赤ちゃんが母乳を飲む際の刺激により、起きてしまいます。授乳時に偏った姿勢で飲ませていることもマイナスになってしまいます。授乳時の姿勢を今一度確認してみましょう。ひどくならないように乳頭保護器を使用することで痛みをやわらげることができます。