母乳育児のデメリット

母乳育児のデメリット

Category : 未分類

母乳育児にたくさんのメリットが存在することはご存知かもしれませんが、母乳育児を行うには諸問題が生じるものです。その問題を含めて自身にあった育児を考えましょう。□仕事に影響を与える。女性の社会進出が進んでいる日本では、母乳育児に関しては障害があるのが現実です。

企業において、育児休業や育児時間という制度があっても実際は取得するにあたり周囲への影響などを考慮すると取得しづらいものです。例え、母乳を保存し赤ちゃんに与えるには、保育園等の協力が必要となり、手間もかかってしまうのです。そのため、赤ちゃんを預けることも困難となります。□ビタミンK・乳量不足。母乳はビタミンKの含有率が低いため、ビタミンK欠乏性出血症を発症してしまう危険性があります。
ビタミンK欠乏性出血症以外にも乳量不足により低血糖を引き起こしてしまい、けいれんやひどい時には脳に障害を与えてしまうという報告がされています。母乳育児は、十分に赤ちゃんの状態を確認していかなければなりません。□感染。母親が成人T細胞白血病やエイズに感染していた場合、母乳を介して赤ちゃんに移行してしまいます。他にも飲んだ量が把握しづらい、卒乳がむずかしくなってしまうなどのデメリットが存在します。母乳育児が絶対ということはないので、プレッシャーに感じることなく、自身のスタイルにあった育児が赤ちゃんにとっても自身にとってもプラスになることでしょう。